2024年5月28日
Breaking News

ストレスが多いエンジニアの仕事

まず大前提として、ストレスのない仕事はないと言っていいでしょう。もちろん、エンジニアの仕事も例外ではありません。エンジニアの仕事をしていると、仕様変更のストレスは大きいと思っていた方がいいです。納期が差し迫っているのに追加の機能を求められた、最初に聞いていた仕様が変わっているといったことはまま起こります。急に依頼されてもスケジュールに深刻な影響が出てくるため、ストレスにつながるのです。

また、会議が無駄に多くストレスに感じるエンジニアも少なくありません。プログラミングに専念したくても、あまり意味のない会議で何時間も拘束されることもよくあるのです。その結果、長時間残業したり、休日出勤を強いられたりするとそれもストレスになるでしょう。

エンジニアの仕事を続けるためには、ストレスとどううまく付き合っていくかが課題になります。エンジニアにおすすめの気分転換の方法が、散歩です。エンジニアはその仕事柄、屋内でずっとパソコンの画面と向き合います。そのため、外出することで気分をリフレッシュできるでしょう。エラーが起きてどうすればいいかわからなかったけれど、屋外に出て散歩をしていたら解決方法を思いついたというケースもあります。

そして、スケジュールの関係で外出すら難しいという場合もあるでしょう。そのような際には、部屋の中を歩き回ってみるのも手です。長時間座り続けていると、立ち上がるだけでも視界が変わって気分転換になります。